文字サイズ

標準拡大

Tel:0940-34-3135


脳ドック

脳ドックとは

画像診断法の進歩により、少ない侵襲で脳の形態が診断できるようになり、磁気共鳴画像(MRI)を主な検査として脳の診査を行う「脳ドック」と呼ばれる試みが1988年頃より始まりました。

食生活の欧米化、脳卒中のリスクファクター(危険因子)増加、脳卒中、認知症の予防への高い関心と、日本における高度な診断装置の広範な普及にたすけられ、脳ドックは1990年代はじめ頃から磁気共鳴血管撮影(MRA)の実用化とともに多くの施設で実施されるようになりました。

この新しい形の検診に対して日本脳ドック学会は脳ドックが予防医学の新しい分野として正しい進歩を遂げ、脳ドックの水準と有効性の向上を目指してガイドラインを提示しています。2003年脳ドックガイドラインが提示され当院はそのガイドラインに準拠し日本脳ドック学会の認定施設にいち早く認定されました。現在、新しい脳ドックガイドライン2014に準拠して高い診断能力を維持しております。


お問い合わせ

詳しいに内容につきましては、
下記までお問い合わせください。
受付時間 9:00~16:00
(土・日・祝日・年末年始を除く)

宗像水光会総合病院 総合健診センター
TEL:0940-34-3100(直通) 
FAX:0940-34-3140